読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jenkinsで排他的にジョブを実行させる

Jenkins

Hudson Locks and Latches plugin

Jenkinsのジョブを排他的に実行する場合は「Hudson Locks and Latches plugin」というプラグインを使用します。
インストールするとジョブの設定画面に「ビルド環境」という項目が表示され、「Locks」というチェックボックスがあります。
この「Locks」をオンにすると排他対象のジョブとなります。
※nameリストボックスについては後述するのでとりあえず(default)のままでよし。


つまりジョブA、ジョブB、ジョブCが存在するときにジョブAとジョブBを排他実行したい場合は
ジョブAとジョブBの「Locks」をオンにしましょう。

排他グループの指定

排他させたいグループは「Locks」をオンにしたときに表示される「name」リストボックスでグループを指定できます。
インストール直後はdefaultの1グループのみになってます。
「name」リストボックスに表示されるグループ名を追加、編集するのは「Jenkinsの管理」-「システム設定」で行います。
「Hudson Locks and Latches plugin」をインストールするとシステム設定画面に「Locks」の項目が表示され、
「name」テキストフィールドが表示されています。ここでグループ名を指定します。
グループを追加したいときは下の追加ボタンをクリックすると新しい「name」テキストフィールドが追加されるので編集しましょう。


各ジョブで指定するグループは複数指定できるので、複数の排他条件をつけることができます。


実行したいテスト環境が共有のものに関してはできるだけ排他実行したい場合が多いと思うので便利ですね。
Let's Jenkins CI!

広告を非表示にする