読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IntelliJ IDEA14をインストールしたら設定すること(Groovy編) #gadvent

Groovy

はじめに

これはG* Advent Calendarの4日目の記事です。今日はSpockの新機能について書きます。明日はid:kyon_mm さんのGeb 0.10の新機能について です。

概要

以前にIntelliJ IDEA 13で書いた「IntelliJ + Groovyでテストコードを書く毎日ですが、これらを設定しないと仕事にならない系ものをまとめてみました。」というやつをアップデートします。内容は変わっておらず、IntelliJ IDEA14のUIに合わせたという感じです。

各項目の「keyword」にあるものをIntelliJのメニューバーにあるHelp -> Find Actionで出てくる検索ボックスにいれると「この設定だよね?」って検索結果がでるので、それをクリックすれば一発で有効になります。また、Settingsでkeywordを入力するとそれっぽいものがフィルタリングされて表示されます。

IDEA起動時に最後に開いたプロジェクトを開く|開かない

keyword:Reopen last project on startup

  1. Settings -> Appearance & Behavior -> System Settings
  2. Startup/Shutdown -> Reopen last project on startup のチェックボックスをoffにするとIDEA起動時に最後に開いたプロジェクトを開かない。
  3. Apply

行番号を表示する

keyword:Show line number

  1. Settings -> Editor -> General -> Appearance
  2. Show line numberのチェックボックスをonにする。
  3. Apply

フリーカーソルをやめる

keyword:Allow placement of caret after end of line

  1. Settings -> Editor -> General
  2. Virtual Space -> Allow placement of caret after end of line のチェックボックスを外すとフリーカーソルが無効になる。
  3. Apply

エディタで表示しているファイルとプロジェクトのツリーの選択ファイルを同期する。

  1. プロジェクトを開いている状態で、projectの歯車をクリックする。
  2. Auto Scroll from Sourceにチェックがつく状態になるようにクリックする。

プロジェクトのツリーで選択したファイルをエディタに表示する。(ダブルクリックではなく選択で表示するようにする。)

  1. プロジェクトを開いている状態で、projectの歯車をクリックする。
  2. Auto Scroll to Sourceにチェックがつく状態になるようにクリックする。

Spockのラベルをハイライトする

  1. Settings -> Plugins
  2. Browse Repositories
  3. 右上の検索窓で Spock を入力
  4. 一覧に Spock Framework Enhancements が出るので、選択して右クリック-> Download and Install
  5. Close
  6. Apply再起動(多分)

自動保存

keyword:save files automatically

  1. Settings -> Appearance & Behavior -> System Settings -> Synchronization
  2. 4つのチェックボックスを全てonにする。
  3. save files automatically if application is idle for の数字は「何秒間操作がなかったら自動保存するか?」
  4. Apply

保存したら自動でコンパイル

keyword:Make project automatically

  1. Settings -> Build, Execution, Deployment -> Compiler
  2. Make project automaticallyのチェックボックスをonにする。
  3. Apply

テストの起動高速化

keyword:EditConfiguration

  1. Run/Debug Configuration -> Defaults -> JUnit -> Before
  2. Makeを削除する。既にあるテスト実行系(All HogeProjectやHogeTestのようなもの)は削除する。
  3. 「Make, no error check」にを追加する。
  4. OK

Ctrl(Command) + マウスホイールでエディタの拡大縮小をする。

keyword:Change font size

  1. Setting -> Editor -> General -> Change font size(Zoom) with ... のチェックボックスをonにする。
  2. Apply