Java女子部でSpockの入門ハンズオン講師しました。 #javajo

Java女子部というコミュニティで2017/03/25に半日間のハンズオンでSpockというテスティングフレームワークの使い方を教えてきました。 Javaはだいたい書けるけど、Groovyとかよくわかりません!みたいな人に最低限のGroovyの使い方とSpockを教えるみたいな感じです。

javajo.doorkeeper.jp

すすめかたはだいたい次のような感じです。

  1. GitHubからソースコードをダウンロードしてもらう
  2. kyon_mmがスライドで概要をつたえる
  3. kyon_mmがIDEでサンプルコードをひらきながら解説する
  4. 参加者がサンプルコードのテストが失敗している部分を通るように直す
  5. kyon_mmがテストが通るようにコードを記述するのデモする
  6. Groovy/Spockの基本については2 - 5を繰り返す
  7. 解説がおわったらペアプロでTDDライクにSpockをつかいながらコードをかいてもらう

いわゆるKoan形式とか4clojureみたいなかんじといいますか、テストが通るように修正することで機能を学んでいくっていう感じです。

speakerdeck.com

github.com

スライドに誤解をまねくような表現がないように配慮したつもりですが、もし違っていたらツッコミもらえるとうれしいです。 Groovyの解説はJava8のまま書いても動かないところを中心にしました。

また、当日サンプルコードがいくつか間違っていたので修正したものをGitHubにあげています。

正規表現のところに // によってエスケープがなんたらというテストを最初書いてしまっていて、 動かなかったのは、文字列としてであって正規表現でのテストではなかったためです。現在のGitHubのmasterでは文字列のテストに移してあります。すみませんでしたー><

全体的には自分の知識が再整理されたとか、TDDとはなんだーとか、自動テストの考えかたとかいろいろ興味をもってもらえたのがとても勉強になりました。 呼んでいただいたJava女子部の皆様には感謝です。特に声をかけていただいた、あやさんありがとう! Java女子部はもっと怖い人のいるところだとおもっていましたが、みなさん優しかったですし、楽しい人達でした。 参加者のみなさまからも楽しかったと言ってもらえたので、やってよかったなーっておもえました。

今後も関わるのであれば、Java女子部でF#をつっこむのは難しいでしょうし、GatlingとかBetamaxとかGebでしょうか。

GroovyとかSpockまぢべんりな子なので、ぜひ使ってみていただけると嬉しいです。 また、スライドやGitHubはご自由に使っていただいて構いません。みなさまでSpockを愛でる方向で。

Enjoy Spock!

広告を非表示にする