読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gradleの最新版を簡単に使う方法

Groovy Gradle

Gradleの最新を使いたい

Gradleは素晴しいビルドツールで、インストールも簡単です。でも、成長がはやいので、いったい何がGradleのトレンドなのかわからなくなることも最もです。また、Gradleのバグが直っている可能性を考えると最新版を使いたくなります。

つまり、僕が一番使っているGradleのバージョンはmasterブランチなんですよ。実は簡単に使えるので、紹介します。

最新版を利用する準備

次のツールがインストールされている前提です。

  • gvm / posh-gvm
  • JDK8
  • git

gvm install gradleでgradleをインストールできます。基本的にgradle.orgでリリースされているものが使えます。でも、それでは満足できないです。ということで、次のコマンドを実行しましょう。

git clone https://github.com/gradle/gradle.git
cd gradle
sh ./gradlew install /path/to/gradle-master
# もしくは
gradlew.bat install /path/to/gradle-master

gvm install gradle master-version /path/to/gradle-master
gvm default gradle master-version
gradle -v

これで、あなたの環境ではgvmで最新版のGradleとリリース済のGradleを利用することができます!!

一行ずつ解説しましょう。

  • git clone https://github.com/gradle/gradle.git
    • Githubからgradleをクローン
  • cd gradle
    • ディレクトリを移動
  • sh ./gradlew install /path/to/gradle-master, gradlew.bat install /path/to/gradle-master
    • gradleをビルド gradleはgradlewrapperという機能によって、gradleがインストールされていなくてもgradleを実行することができます。(実行時に必要なgradleをダウンロードしてきて利用する)
  • gvm install gradle master-version /path/to/gradle-master
    • gvm install fooBarとすると、普段はgvmが管理しているバージョンのみがインストールできますが、gvm install toolName customVersion toolpathとすることで、任意のバージョン名でローカルにあるツールをgvmの管理配下に追加できます。
  • gvm default gradle master-version
    • デフォルトで利用するgradleのバージョンを先に指定したmaster-versionにします。
  • gradle -v
    • gradleのバージョンが2.3.xxxx などと出ることを確認します。

まとめ

Gradle masterブランチを利用するためにビルドツールをインストールする必要もないし、gvmでリリース済のものと簡単に切り換えられます。前衛的にGradleを使い倒しましょう。

Gradle徹底入門 次世代ビルドツールによる自動化基盤の構築

Gradle徹底入門 次世代ビルドツールによる自動化基盤の構築

広告を非表示にする